#dynamic_Nagasaki

長崎県をDynamic Nagasakiとして見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。乗り物、旅行、自転車、ジョギングも!

『酒処・食事処 みやま』三菱重工長崎造船所そば 朝食あり2024年4月改装!!【長崎でちゃんぽんを巡る】109 

造船の街 長崎を見守ってきた 酒処・食事処 みやま 1959年創業で、長崎の基幹産業である造船所の至近の店である。飽の浦から立神地区にかけての古い三菱長崎造船所のエリアで営業している。店内には三菱長崎造船所にゆかりの写真がみられ、造船所の営業カレ…

「北海道うまいもの館」がアミュプラザ長崎にオープン 行ってみた。

なんちゃって「どサプラ」が長崎へやってきた どさんこプラザ、略して「どサプラ」、はホッカイドーへの旅行者から見ても、道産子な方にとっても心躍る空間であるらしい。総統報告してみると、早速、キモ甘党総統たる牡蠣フライ総統から酒が買えるのか見てこ…

野母商船フェリー太古 五島と博多港を結ぶ【ながさきの乗り物】

長崎県を発着する唯一の夜行フェリー 太古 五島列島においては「太古丸」と皆が呼ぶのである。特に古い世代に限るわけでもないため、皆が皆、太古丸だと思っているらしく、福江でも有川でも、そうなっているらしい。 野母商船フェリー太古のエントランスホー…

【ながさきのみなと】小値賀港フェリーターミナル 博多・佐世保を結ぶ小値賀の玄関

小値賀港フェリーターミナル 高速船用の浮桟橋とフェリー用の岸壁を有するフェリーターミナルである。2003年に供用開始され、バリアフリー化も進められており、車椅子での移動なども簡便なよう、エレベーターの設置もなされている。 小値賀港フェリーターミ…

『みなと寿司』比田勝の寿司屋でもちゃんぽん【長崎県でちゃんぽんを巡る】152

比田勝のみなと寿司 1948年創業で、現在ではみなと食堂という姉妹店を展開している。こちらの方は2018年の創業のようである。長きにわたって、比田勝の町を見てきた店なのであろう。夜の寿司割烹というのか、そちらを主にしているので、お昼はあくまで、韓国…

【ながさきの乗り物】JR九州 YC1系気動車 佐世保長崎間 長距離移動向けではない車両

不評のYC1系 長崎県と佐賀県にまたがって、長崎線、佐世保線、大村線を走行しているYC1系車両であるが、長距離を移動する者にとっては、不評で、料金と時間との兼ね合いもあって、長崎ー佐世保間では高速バスの利用が優っている。JR九州の見立てでは、もとも…

ホテル マリンピア 新上五島町 上五島でのビジネスホテル【長崎で泊まる】

ホテルマリンピア 新上五島町でのCovid-19隔離ホテルからの復活 世の中がガラリと変わっていた2020年から3年を経て、少しずつ元の形態に戻ろうとしている世の中である。それ以外でなにやら新しいことも起こり、より不安定にも見える気もしている。観光客など…

東横イン 比田勝 比田勝市街地から離れて、東横インなのにリゾート空間【長崎で泊まる】

海辺のリゾートホテル風の東横イン 比田勝 東横イン比田勝は通常の東横インと違う雰囲気である。オーシャンビューの部屋があったり、隣に温泉があったり、敷地内で対州馬という馬の飼育場があったりと、ビジネスホテルブランドがその枠内で、最大限に加えら…

フェリー みしま 崎戸商船 友住(新上五島)と佐世保を島伝いに結ぶ【ながさきの乗り物】

佐世保市・西海市・新上五島町を島伝いに結ぶ、崎戸商船フェリー みしま 佐世保市は本土側での新上五島町、中通島の交通の基点となる町である。フェリーは本土側とは、有川・佐世保間、友住・佐世保間、青方・博多間、奈良尾・長崎間での運行がなされており…

『諫早トラックステーション 食堂』TSでも地元の名産を!【長崎県でちゃんぽんを巡る】151

全国23ヵ所に設置されているトラックステーション トラックステーションは公益財団法人 全日本トラック協会により設置されている。給油、入浴、宿泊、食事などの機能を有しているトラックドライバー向けの施設であり、一般の利用も可能とされている。Covid…

「ながさき」というところ その5 長崎くんち 2023 街角の風景から(8日の庭先周り・奉納踊は悪天候のため全て中止)

8日の庭先周り・奉納踊は悪天候のため全て中止(8日追加記載) 朝から長崎市内では雨が降り続いており、中日は静かに迎えることとなった。奉納踊りは9日に順延、庭先周りは中止とのことである。各町内の花代による収入に打撃が出ることとなるだろう。 【速報…

小値賀『島宿 御縁』電波が悪くてワーケーションには不適?【長崎で泊まる】

小値賀島 人口は2200人程度といい、島内からは佐世保や福岡方面への人口流出もあり、息子が娘がと高齢者も介護が必要になると、島を出ていく人がいるという。小さな高速船やフェリーにて本土と結ばれており、観光客やビジネス客も島民の数に比べると、そこそ…

『すずらん』 小値賀の具沢山すぎる海鮮ちゃんぽん【長崎県でちゃんぽんを巡る】149

小値賀の街中にある「すずらん」 小値賀島というのは、五島列島の中でも、宇久島のすぐに下に位置し、北の方に位置する人口2200人ほどの小さな島である。陸伝いにみてみると、平戸島からの延長線にのっているようにも見え、歴史的には平戸藩の領地に含まれて…

『御食事処 前田』 上五島 浦桑の食堂【長崎県で皿うどんを巡る】145 細

浦桑か浦浜か(上五島)の前田食堂 上五島高校が位置している、浦桑地区は、ほとんどが埋立によって造成されたエリアであるらしい。らしいというのは、碁盤の目状に配置された道路と平坦な地形が、起伏が激しい上五島でも不自然なほどの独特の雰囲気を漂わせ…

とある社食【長崎市でちゃんぽんを巡る】148

社食におけるちゃんぽん 長崎県、長崎市における社食でのちゃんぽんは、一つの重要なポイントを占めている。麺料理での一角を占めるものであり、ラーメン、うどん、蕎麦の中でも、どれかを押し除けてでも、うどんとちゃんぽんといった組み合わせがメニューに…

オリエンタルエアブリッジ ATR42−600 初便就航 ORC77便 NGS-FUJ【ながさきの乗り物】

オリエンタルエアブリッジの新機材 ATR42-600型機 2023年7月1日 就航 長崎離島向け路線と、ANAからの移管路線との両立で経営状態を安定させようとしてきたオリエンタルエアブリッジでは、経年機であり、新造が停止したボンバルディア社 DHC-8-200の後継機と…

『酒処・食事処 みやま』重工の空気で唐揚げと細麺皿うどんの悦楽【長崎で皿うどんを巡る】109細

三菱重工長崎造船所傍の食堂酒処・食事処 みやま 1959年創業で、長崎の基幹産業である造船所の至近の店である。飽の浦から立神地区にかけての古い三菱長崎造船所のエリアで営業している。店内には三菱長崎造船所にゆかりの写真がみられ、造船所の営業カレン…

『ホテルメリッサ』上五島の居酒屋併設の小さなホテル【長崎で泊まる】

上五島の浦浜の小さなホテル ホテルメリッサ 青方と有川の中間点に位置しており、魚目への分岐点になっているような交通の要衝である。このためか、スーパーやドラッグストアなどが多く集積しており、また飲食店も青方より多く見られることから、宿泊には便…

『中華飯店 光華』東長崎の奥、人気の中華料理店【長崎でちゃんぽんを巡る】127

東長崎の奥でも人気の中華料理店 光華 地元では光華とだけ呼ばれることが多いようで、表記は「中華飯店 光華」としているようである。一軒家を改装して、中はモダンに仕上げられているが、外装は昭和の香りがたっぷり漂う、東長崎らしい仕上がりの店舗である…

九州商船 フェリーなみじ 佐世保有川航路【ながさきの乗り物】

佐世保の五島フェリー航路 新たに令和元年に投入されたフェリーいのりは宇久平、小値賀と佐世保を結ぶ航路を、フェリーなみじは有川と佐世保を結ぶ航路を受け持っている。いのりは小値賀に夜間停泊し、日中2往復佐世保と離島を結んでいる。なみじは佐世保に…

【長崎県を走る】その10 国境の島 対馬を走る 厳原と比田勝のジョギングルート 4つ

国境の島、対馬を走る 本土とも違い、どこか、朝鮮半島のような、地質を感じる、対馬は、全体的に山がちで、シダ状に入江が多く集落ごとの行き来は大変であった時代があるのであろう。それを感じるようなルートも入れてみながら、対馬を走ってみよう。全て10…

『麺商 須川 面喰い』そうめんちゃんぽんという変種【長崎県でちゃんぽんを巡る】125 

南島原のそうめん マイメンいつメン 島原手延素麺 マーイメン いーつメン しまばら てのべそーめん♪とやっているYoutube動画がある。ぜひ一度聴いてみてほしい。そして踊れるようになってほしい。 長崎には多彩で独特の麺文化があり、南島原の手延素麺、対馬…

『笑ちゃん亭』[2023.2.28 閉店]佐世保バスセンター傍のちゃんぽん食堂【長崎県でちゃんぽんを巡る】135

ありがとう、さようなら、笑ちゃん亭 2023年2月28日で閉店となるという。長らくというが、どのくらい、この店があったのか、私が物心ついてからはここにあるような気もするのである。50年ほどこの地でやってきたと言う記載もある。とにかく、大変によろしいS…

九州商船 シーエンジェルとシープリンセス 長崎-有川航路 【ながさきの乗り物】

長崎市と上五島を結ぶ高速船 シーエンジェルとシープリンセス 長崎市と新上五島町(中通島)を結ぶ船は、奈良尾港と有川港、鯛の浦港の三つの港から出ている。長崎市内のものでも、あまり深く理解しているものがおらず、自動車をフェリーするために、わざわざ…

和風ペンション し喜 上五島 有川の民宿【長崎で泊まる】

有川の居酒屋併設の民宿 和風ペンション し喜 上五島自体で、ここぞという宿に出会うのは至難の業である。規模が小さくて常に部屋が確保できない、設備や立地は良くとも値段が乱高下を繰り返すなど、どこも定宿とするにはというところばかりである。また、出…

『うどんの庄 ゆたか』うどん屋さんの野菜炒め乗せラーメン【長崎県でちゃんぽんを巡る】122

佐世保のうどん屋さん、うどんの庄 ゆたか 佐世保のうどん文化というのは博多の方を向いており、スタイルは少し甘めの出汁に、柔らかく茹でられた太いうどんである。たて石うどんなどの地場系のうどん屋も見られ、また、博多方面からやってきた牧のうどん、…

『すずらん食堂』厳原の小さな食堂 見落としてしまいたくない何か【長崎県でちゃんぽんを巡る】134

対馬厳原のすずらん食堂 割合新しく見える建物であるが、2010年に建て替えがなされたようである。50年ほどは営業しているとのことで、その雰囲気は店の料理に表れているように見える。地元の人々がパチンコの合間などにやってきては、うどんやらいなりなどを…

『おかべ食堂』対馬比田勝 長崎県最北(?)のちゃんぽん【長崎県でちゃんぽんを巡る】133

比田勝のおかべ食堂 国境の街のドラマを感じて 40年以上の歴史があるという、食堂と名前がついているが、居酒屋という様子である。対馬の北の端、比田勝の港からすぐで営業している。 比田勝の街中のおかべ食堂 店頭 「ひでよし」と名付けられていたのに対し…

『中華料理 伏見屋食堂』 島原商店街の中華食堂の薄焼卵のちゃんぽん【長崎県でちゃんぽんを巡る】132

島原の中華料理 伏見屋食堂 島原のアーケードから、18銀行を折れると、この特徴的な外観の建物が目に入る。島原らしさという感覚にも襲われる。特にいつ頃の創業というのもわからないが、店内の調度をみると、昭和の中期から後期あたりの建物であろうか。 …

長崎県のお土産品5選【長崎駅 長崎街道 かもめ市場篇】小池海苔店、松翁軒、養々麺、クルスグッズ、自衛隊艦艇カレー

長崎街道 かもめ市場 2022年9月23日の西九州新幹線の開業に先立って、2020年3月28日の長崎駅高架化の工事が完了し、2022年3月18日に長崎駅の商業施設として長崎街道 かもめ市場が開業した。Covid-19下での観光業の需要低下からの復活期にあたり、2023年には…

プライバシーポリシー