#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

洋食

サセホ文化(仮)  その6 蜂の家

定番の蜂の家 かつては四ヶ町の夜店通りのどんづまり、ライオンビルの並びに位置し、かつての赤い風船のケーキ店のあったビルの隣に建っていた。それらはもうなくなり、蜂の家は三ヶ町に移ってきた。かつては「コーヒーの店 蜂の家」と看板が掲げられた、茶…

サセホ文化(仮)  その5 cafe restaurant 白ばら

子供たちにとっての古き良きサセホ文化(仮) 当ブログでは、佐世保の洋食文化・洋酒文化をあわせて、サセホ文化(仮)として扱ってきた。エビフライ、ハンバーグ、ステーキといった、洋食の定番は蜂の家やデパート玉屋の食堂、ポルトの食堂、白ばらでも見かけら…

長崎洋食事情 その5 ブロンコ 南軍旗下がる米国風ステーキハウス

南軍旗の飜る日本の西の果てのアーケード 昨今の、米国の政治事情から見ていると、この風景を見るだけで卒倒するものや脳内ダダ漏れ英語で殴り込みをかけるもの、果ては破壊活動に及ぶものなどがいそうで、考えるだにニマニマしてしまう店頭である。店内に入…

サセホ文化(仮) その3 ステーキサロン アサクラ

ステーキのサルーン ステーキハウスやレストランというところが佐世保には多いが、ついにはステーキサロンなる業態があるのである。ゆっくり語らいながら、ステーキを味わうことができそうな雰囲気と、かつてのアメリカ的なサセホの空気が店内の各所に残って…

サセホ文化(仮) その2 ステーキハウスらんぷ 老舗のフィレステーキ

らんぷ 佐世保にはステーキハウスと呼ばれる業態が多い。鉄板焼きよりステーキハウスなのである。鉄板焼きというのはカウンターに鉄板がおかれ、客の前で料理人が海産物だの肉片だのを焼いてみせるパフォーマンス重視の飲食店である。佐世保ではあまり聞かな…

サセホ文化(仮) その1 らんぷ亭 タンシチュー

らんぷ亭 佐世保、中央公園の向かいにあるらんぷ亭は平成元年に創業し、30年を超えて営業する、佐世保の洋食でも老舗の店になった。ステーキと酒の店、らんぷとは別の店であり、電話口でもそれをなんとなく匂わせる様に確認をされるのである。アーケード沿…

プライバシーポリシー