#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

長崎県でちゃんぽんを巡る その88 千成食堂 佐世保の工業地帯入り口の食堂

千成食堂

沖新町、天神町の海沿いエリアには工業団地や工業エリアとなっている。鉄鋼や配管などの工場が軒を連ねている。そのほか海沿いのエリアではすり身や干物といった食品加工会社が並んでいる。国立佐世保高等専門学校も位置しており、工業団地エリアとしては徐々に後退しているらしく、イオンのモールなどが立ち並んでいる。元々の住宅地から沖合に展開してできたエリアでもあるためか、あるところまで平坦であるが、元々の住宅地エリアは道が入り組んでおり、やや坂がちであったりするのである。

f:id:limken21:20220104143915j:plain

千成食堂の入り口

千成食堂は40年以上この地にあると言われており、昭和の面影があちこちに残っている。国内各所への旅行した際の飾り物などが店内の随所に残されている。

f:id:limken21:20220104143924j:plain

千成食堂 緑色の暖簾がぶら下がっている

f:id:limken21:20220104143934j:plain

千成食堂の店内

f:id:limken21:20220104143944j:plain

千成食堂のメニュー

f:id:limken21:20220104143954j:plain

千成食堂 テーブル席

f:id:limken21:20220104144003j:plain

千成食堂のインテリア

千成食堂のちゃんぽん

具材はキャベツ、タマネギ、モヤシ、ニンジン、ハンペン(紅、緑)、豚肉、ゲソ、黒キクラゲなどである。麺は唐灰汁弱めのちゃんぽん麺である。スープは豚骨ベースのスープとなっている。

f:id:limken21:20220104144012j:plain

千成食堂のちゃんぽん

やや具材に焦げ目のつくほどの焼きが入った調理であり、煮はやや弱め、野菜の歯触りが残る程度になっている。

f:id:limken21:20220104144021j:plain

千成食堂のちゃんぽん お盆にも名前がある

f:id:limken21:20220104144032j:plain

千成食堂のちゃんぽん碗

名物の看板猫がいるらしいが、足元や椅子までは上がってくるものの、机には上がってこないように調教されているようだ。近くの高等専門学校生や工業地帯からのお客さんが多いようで閑散期になると、どこか間延びしたようなのんびりとした営業となっているらしい。

f:id:limken21:20220104144040j:plain

千成食堂 毛並みの良い猫がどこからともなく入ってきて床だけを這い回っている

千成食堂の店情報

千成食堂は朝早くからの営業もあり、工業地帯ならではの営業形態でもあるようだ。車でのアクセスも可能であるなら、利用できそうである。

  • 住所:佐世保市白岳町2−10
  • 電話番号:0956313641
  • 営業時間:7:00 - 22:00
  • 定休日:日曜日

プライバシーポリシー