#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

『五味八珍』西海市の呼子の瀬戸を望む食堂【長崎県でちゃんぽんを巡る】107 

五味八珍

大島へのアクセスに欠かせない大島大橋は本土と寺島を結んでいる。この寺島には橋と瀬戸を臨む展望台がある。この展望公園の内部には駐車スペースと三角屋根が特徴的なレストハウスが位置しており、今では五味八珍と呼ばれる中華料理店が営業している。

寺島の本土を向いた海岸に位置する

五味八珍の玄関

元々は福岡の薬院で同名の中華料理店を経営していたが、元々の出身地でもある西海市に戻り、現在の店舗となったという。

特徴的な木張の屋根の内側

大島大橋公園という大島大橋を望める公園内に位置している。元々はレストハウス(昭和的な呼び名で、飲食店や売店が設置されていた)であろうか。窓側から大島大橋のかかる呼子の瀬戸と呼ばれる海峡を望めるのもまた、西の果てらしいところかもしれない。

五味八珍の内部

海を向くようにカウンターが用意されている

五島灘の海を眺めながら

大島の観光記念に、、、?

五味八珍のメニュー

五味八珍のちゃんぽん

具材はキャベツ、モヤシ、ニンジン、カマボコ(ハンペンでない 緑とピンク)、クロキクラゲ、アサリ、エビ、豚肉などである。麺は唐灰汁弱目のちゃんぽん麺である。スープは鶏ガラベースに豚骨の入ったものである。

五味八珍のちゃんぽん

焼きより煮が強めのちゃんぽんであり、スープには魚介や野菜の味が滲み出ていた。角切り大のキャベツはしんなりとするほどの火の通し具合である。

五味八珍のちゃんぽん 島特有で量は多い

餃子は餡も皮も自家製であるようで、もちもちとした皮とふっくらとした餡が中華料理店としての過去を物語っているような出来であった。

五味八珍の餃子 ふっくらとした仕上がりである

テラス席ではコーヒーをいただいてゆっくりできるという

五味八珍の店情報

夜のメニューではさまざまなメニューもあるようである 夜こそ本領が発揮されるのか
  • 住所:西海市大島町寺島1374ー3
  • 電話番号:09049898549
  • 営業時間:10:30 - 20:00
  • 定休日:月曜日

プライバシーポリシー