#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

長崎県でちゃんぽんを巡る その47 中華・軽食 李花 諫早市 異色の生麺ちゃんぽん

中華・軽食 李花

本明川沿いの、諫早らしいエリアであるが、市の繁華街からは少々離れたところにある。中華・軽食とあるように、中華料理店というよりは、食堂である。創業42年になると言われている。なかなかの人気のようで、ひっきりなしに車で乗り付けては、回転良く、客が出入りしている。

f:id:limken21:20210201094631j:plain

お昼時には車で訪れる客が多い

f:id:limken21:20210201201948j:plain

李花のメニュー

f:id:limken21:20210201094609j:plain

カウンターがLの字に、小上がりもいくつか用意されている食堂スタイル

 

f:id:limken21:20210201094620j:plain

厨房を覗き込んでみると、麺が茹でられていた


李花のちゃんぽん

具材はキャベツ、モヤシ、ニンジン、ハンペン、黒木耳、ゲソ、エビ、豚肉などである。パラリと小葱が降ってあるのも長崎市内ではほとんど見ない。

麺は生麺でと頼んだところ、腰があるのが売りだという。なんと、自家製麺らしく、つけ麺用のような中平麺なのである。唐灰汁麺が少なからず入ってるちゃんぽんが当然とされるこの長崎県において、なかなかチャレンジングな試みである。麺は煮込まれてはおらず、茹でた麺がちゃんぽんのスープに投入されているのみである。

スープは鶏ガラベースに豚骨が混ぜ込んであるが、そこまでの濃厚さはない。焼きは軽く入っており、煮込みも長いのか、野菜はくったりとするほどである。唐灰汁が染み出しておらず、あっさりとしたまとまり具合で、具材の出汁がよく出ていた。

唐灰汁入りの麺を使用していないため、長崎市内のひとからすると、だいぶん物足りないものであるような気もするだろう。

f:id:limken21:20210201094641j:plain

李花のちゃんぽん

f:id:limken21:20210201094652j:plain

この麺である 卵麺のような、確かにコシのある麺である

器は、口の開いた平たい青磁のちゃんぽん碗である。

店情報

  • 住所: 諫早市天満町1−26
  • 電話番号: 0957236148
  • 営業時間: 11:00 - 20:30
  • 営業日: 定休日 日曜日、月曜日

プライバシーポリシー