#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

ホテルブリスヴィラ波佐見 欧州のチェーン系郊外宿の香りも漂う、温泉付きホテル

ホテルブリスヴィラ波佐見 欧州の郊外宿泊施設の香りも漂う

英国の都市の郊外などで見られる、宿泊施設付きの研修施設などにも似た雰囲気を持っているというのが第一印象である。残念なことに会議室や宴会場などの併設はないのであるが、周辺でのアクティビティや景色などからは、そう想起させるものがあった。週末になると、そう多すぎない人々(大抵20−30人程度)が集まって、結婚式とその披露宴を行い、平日は運動選手の合宿や企業や大学の研修が行われるような場所にも似ている。

ホテルブリスヴィラ波佐見は2015年2月に創業した新しいホテルである。系列ホテルにはホテルベルビュー出島、ホテルクオーレ長崎駅前、ホテルウイングポート長崎があり、九州教具グループの傘下である。他の三つが街中のビジネスホテルとしての利用がメインである中、波佐見自体がそうホテルが多くないのもあり、ここは出張利用も観光での利用でも見られる。

f:id:limken21:20220304200120j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 エントランス

f:id:limken21:20220304200307j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 フロント・ロビーエリア コピー機も備えられている

f:id:limken21:20220304200250j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 共用スペース

f:id:limken21:20220304200259j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 茶室

このほか、共用部分にはオーナー所有のクラシックバイクの展示などもある。

ホテルブリスヴィラ波佐見 シングルルーム

必要十分なものは揃っており、快適なステイはできるであろう。デスク周りは最低限、仕事をできる程度のスペースは確保されている。

f:id:limken21:20220304200129j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 シングルルーム全景

f:id:limken21:20220304200138j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 シングルルーム デスク周り

f:id:limken21:20220304200147j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 シングルルーム ベッド セミダブルベッドサイズである

f:id:limken21:20220304200157j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 シングルルーム 水回り

f:id:limken21:20220304200206j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 シングルルーム ソファとコーヒーテーブル

f:id:limken21:20220304200214j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 シングルルーム セーフボックスも完備

「おJALに似てる!!」とかおっしゃっている牡蠣フライキモ甘党総統https://kakifly100m.hatenablog.comのために最後に。似ているが別物である。

f:id:limken21:20220304200417j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 部屋備え付けのカップ

館内施設

ランドリーやレストランが設置されている。長期滞在が可能である。

f:id:limken21:20220304200241j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 ランドリー

f:id:limken21:20220304200400j:plain

ホテルブリスヴィラ波佐見 レストラン

入湯放題 はさみ温泉 湯治楼

※ Covid-19下での蔓延等防止重点措置により、入湯時間の短縮がある場合があるため、以下のサイトにて確認の上、利用していただきたい。

本来、いつでも温泉を楽しむことができるようになっており、夜遅くまでと、次の日一日利用することができるため、磁器の里をまわり、歩き疲れた際にも利用するのに良いだろう。

f:id:limken21:20220304200325j:plain

湯治楼(ゆじろう)までは徒歩3分ほど

f:id:limken21:20220304200342j:plain

はさみ温泉 湯治楼 通常の料金はこちら

f:id:limken21:20220304200351j:plain

はさみ温泉湯治楼 湯上がりの牛乳を

minami-denen.jp

f:id:limken21:20220304200441j:plain

ホテルの部屋には入湯に出かける際に必要なキットが用意されている

ホテルブリスビラ波佐見 レストラン ホテルダイニングBliss

「波佐見んかあちゃんのおもてなし」として、サービスされているのが、このホテルのダイニングである。地元からの産物をふんだんに使っての料理が提供されている。トマトソースというよりケチャップソースの甘さが感じられるようなソースであったり、ジビエのハンバーグであったりというのが、楽しいのである。ジビエはイノシシであるらしいのである。

f:id:limken21:20220304200425j:plain

ホテルダイニングBliss 店内様子

f:id:limken21:20220304200408j:plain

サラダとスープからスタート 夕食はプリフィックスとなっている

f:id:limken21:20220304200450j:plain

ジビエのハンバーグ 波佐見近郊で狩られた猪のハンバーグ

和洋の混合版となる朝食は毎日違いそうである。楽しいステイであった名残としても気持ちが残っているであろう。

f:id:limken21:20220304200433j:plain

ホテルダイニングBlissでの朝食

ホテル周囲での買い物

部屋にはミネラルウォーターのサービスはないため、必要なものは買い出しておく必要がある。

f:id:limken21:20220304200335j:plain

スーパー マツオ 20:00まで営業している家族経営の雑貨屋

そのほかのサービス

ありがたいサービスでは、地区内限定ではあるものの、送迎車が用意されており、川棚駅・有田駅・ハウステンボス・波佐見町内などへの送迎サービスもある。波佐見有田インターでのピックアップ、ドロップオフも可能であるようだから、あらかじめ電話で相談してみると良い。川棚バスセンターまで送って貰えば、長崎空港行きのバスへの接続も可能である。

ホテル情報

  • 住所:東彼杵郡波佐見町長野郷567−1
  • 電話番号:0956858338
  • ウェブサイト:https://www.hotel-blissvilla.com
  • チェックイン/チェックアウト:15:00 / 10:00

プライバシーポリシー