#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

諫早うなぎ巡りその3 うなぎ重 うなぎ割烹 井手 諫早

諫早うなぎ巡り

諫早はうなぎの町である。今までに紹介してきたように、諫早には鰻屋がいくつかあり、長崎市内からもわざわざ出かけて行って鰻を食べる人もいるくらいである。本明川を上がってくる鰻を捕まえて、それを料理していたのが起りと言われている。夏の土用になると、取引先がうなぎを挨拶代わりに持ってくるのを楽しみにしていたという話も散見される。

dynamic-nagasaki.hatenablog.com 

dynamic-nagasaki.hatenablog.com

うなぎ割烹 井手は、1969年創業、今年で52年間のうなぎ割烹である。かつては現在の立地よりやや諫早駅側にあったようである。今まで紹介した他の店舗より歴史はやや短いものの、長崎市民でもどこよりも井手をお気に入りの店としてあげる方もおり、諫早のうなぎと言ったら井手という人もいる。

Covid-19下で、1月20日から2月7日まで、長崎県からの緊急事態宣言の発令に伴い、時短営業を行っている。

 

f:id:limken21:20210118203436j:plain

うなぎ割烹井手外観

f:id:limken21:20210118203403j:plain

メニュー

f:id:limken21:20210118203424j:plain

上うなぎ重

f:id:limken21:20210118203414j:plain

店内の様子

井手のうなぎ重

 諫早での調理法としては楽焼が一般的で、福田屋の記事でも挙げたような体で大抵は出てくる。せいろ蒸しも良いなと毎回思うのだが、昼食時で、大抵は店員が面倒臭そうに「お時間15分ほど余計にいただきますぅ」とおっしゃる。こちらは待てることが多いのだが、Coivd19下での席数減の状況で、店の席の回転に協力して。。

f:id:limken21:20210118203511j:plain

うなぎのモチーフのロゴマーク

うなぎ重としているから、うなぎが載っている重とご飯の載っている重が重ねられ、タレも別にやってくる。うなぎの産地は諫早ではないようで、おそらく、諫早の店でも違いはあまりないだろう。タレといい、うなぎの焼き加減といい、なかなか良いのである。やはり東京のうなぎが食べたいものだなと改めて思う。

f:id:limken21:20210118203523j:plain

上うなぎ重

f:id:limken21:20210118203449j:plain

お重をオープン

店情報

  • 住所: 諫早市福田町23−10
  • 電話番号: 0957225653
  • 営業時間: 11:30 - 14:00 17:00 - 20:00(Covid-19下で変更あり)
  • 定休日: 毎週水曜日・第2第4木曜日
  • 支払い: 現金、QRコード、クレジットカード
  • Twitter: https://twitter.com/ideunagi?s=20

プライバシーポリシー