#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

島原ステーションホテル【宿泊】

チェックインまで

奥に眉山が見え、窓からは城の眺めが得られる側もあり、もっとも島原らしいホテルである。島原の商店街、アーケード街に近接しているところもまた、夕食などで困ることはない。

島原城までは、お堀端までが、徒歩3分程度(信号渡って姫松屋まで進み、北側から入る)であり、ここに宿泊した際には、島原城御堀端から武家屋敷、白土湖(しらちこと読む)までをジョギングすることとしている。水の流れる音を聞きながら、徒歩で散策するのも良い。夕食で出かけても、その帰り道にこんこんと水の湧く音を聞いているのは一種の癒しになることだろう。

f:id:limken21:20201013221802j:plain

島原ステーションホテル外観

f:id:limken21:20201013221825j:plain

ホテルのフロント

f:id:limken21:20201013221836j:plain

夕方のロビー

島原といったらやはり姫松屋である。ここまでも歩いて3分程度。と言っていたら、すぐにでも島原に行きたくなってきた。やはり泊まりで、のんびりガネ炊きをむしって、日本酒をいただきに。 

dynamic-nagasaki.hatenablog.com

シングルルーム

昭和の香りが漂う、小さなパネル付きの枕元、天井からぶら下がる電灯が楽しいシングルルームである。 部屋によって、この冷蔵庫の置かれ方などが異なり、昭和の時代にはなかったものが入ってきたことによるのかなどと考える。

f:id:limken21:20201013221814j:plain

シングルルーム

f:id:limken21:20201013221910j:plain

ティーセット

f:id:limken21:20201013221858j:plain

ヤマハ製のバスタブ

f:id:limken21:20201013221921j:plain

机周り 窓の向こうにはチェリー豆の藤田屋が見える

f:id:limken21:20201013221848j:plain

島原城ビュー こちらむきの部屋もなかなか良い

朝食

Covid-19下では、部屋に持ち帰りで朝食をいただく様になっている。以前は、島原らしいというか、のんびりとした雰囲気でご飯をいただいていたのである。Covid-19下では、朝から鳥の揚げたものなどが弁当箱に入っており、ここの宿泊客の客層もしのばれる。

f:id:limken21:20201013221933j:plain

朝食はこちらで受け取り

ホテル情報

  • 住所: 島原市今川町930
  • 電話番号: 0120-711-163
  • チェックイン・チェックアウト時間: 16:00 - 10:00
  • アクセス: 島原駅から徒歩5分
  • ウェブサイト:  http://www.jisco-group.net/ssh/

プライバシーポリシー