#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

『中華料理 優』まさると読ませる川棚町の町中華【長崎県でちゃんぽんを巡る】29

「まさる」と読み仮名を振る川棚の中華料理店

川棚というのは、大村線の沿線の街である。川棚は大村湾に面した街でもあり、のんびり大村線に乗って訪れたり、有田まで抜ける途中の波佐見への玄関口にもなる。特に駅の周りでの食事処には困ることも多いエリアでもあるから、長く続く、味に定評のある中華料理屋は嬉しい。

f:id:limken21:20200901095454j:plain

普通のサッシ戸に自動扉のインストールがされている

1972年ごろの創業で、今年で48年の中華料理店である。長崎市内でも見られる、ちゃんぽん食堂というか、街中華の範疇になるのだろう。中華料理メニューは全てが中国語表記であり、厨房のまな板も大きく丸い中華まな板であった。定食も多くあり、ボリュームもあるのだろう、軽トラックで乗り付けた工事関係者も多く来店し、ほとんど満席であった。地元の方だけでなく、仕事での訪問者も多いのだろう。

f:id:limken21:20200902210824j:plain

優のメニュー 文字は凝っているし、中国語メニュなのである

f:id:limken21:20200901095433j:plain

優の正面 まさるの読み方を強調し、前には工事関係車両が多く止まる

 

dynamic-nagasaki.com

dynamic-nagasaki.com

中華料理 優のちゃんぽん

優のちゃんぽんは美味であった。まず、この値段が、ちゃんぽん食堂のちゃんぽんとしては理想的であった。具材は蛍光緑と蛍光ピンクのハンペン、ちくわ、キャベツ、豚肉、モヤシ、黒木耳、エビなどが入っており、ハンペンの二色がなんともビビッドなちゃんぽんにしている。同じ色彩は焼き飯でもあるのである。

スープは白濁しているもののあっさりしている仕上がりである。麺は唐灰汁弱め、腰はあるものの、長崎市内のガリガリとするちゃんぽん麺とはまた異なるものである。煮ちゃんぽんの様であるが、麺は固め、出前があるからだろう。

f:id:limken21:20200901095421j:plain

川棚の中華料理店 優のちゃんぽん

ちゃんぽんのバリエーションがあるのであるが、味噌ちゃんぽんが影のおすすめメニューの様である。

中華料理優の店基本情報

案外、どこに行っても、ちゃんぽん食堂というのがあるのが長崎県の常である。そんな中でも、昭和の香りが残る、味も腕も確かな中華料理も美味でありそうなちゃんぽん食堂である。次回はこの中華メニューを試してみたい。

プライバシーポリシー