#dynamic_Nagasaki

Dynamic Nagasakiを見つめ直します。現在おっさんがちゃんぽん食べ歩いています。

焼肉 喜楽 五島市 福江市街 ー五島で五島牛を焼肉するー

五島で五島牛を焼肉する前に

「長崎和牛」という怪しげな概念を立ち上げて、全国に売り出したという話は以前のJA経営の焼肉屋での記事で書いたかと思う。「長崎和牛」と言っても、結局は壱岐牛、五島牛、平戸牛、雲仙牛当たりの寄せ集めであるので、長崎市内で育てられているわけでもないのである。県の結束意識が低く、地元への愛郷精神(定住するのと経済事情は別であるが)の高い長崎県においては、非常に困惑する概念を全世界に向けて広げており、早期の見直しをした方が良いブランドである。長崎市のどこかでまともに牛を育てているなんてことはほとんどないのである。希少なものを丁寧に売っていくことがブランド化の第一歩であるが、未だに昭和的護送船団方式でものの値段もつけられない施策をやっている。欧州を中心とした原産地呼称の流れとは逆行する世界を形成する長崎の農政が見えてくる。

※参考までに。ワインに詳しい地獄桃先生が長崎と長崎牛を取り上げてくださってます。

pechedenfer.hatenablog.com

五島に渡ると、地元のスーパーに行っても、精肉コーナーには五島牛が並んでおり、長崎和牛とは言わない様である。以前壱岐に渡った時、買ってきた牛肉とも、肉質は似るものの、また少し脂の味の違う牛肉なのである。五島牛は脂の刺しがきれいに入り、赤身であっても、全体的に桃色に近い。火の通し方によって、脂の落ち方も異なってくるため、淡々と焼肉で一枚ずつ丁寧に焼いていくと、その違いが楽しめる。一方の壱岐牛は香りの良い脂を含み、どちらかといえば、すき焼きなどの方が良さそうであった。

f:id:limken21:20200804101004j:plain

福江のスーパーにて 五島牛の文字が並ぶ 長崎和牛なんて表記はどこにもない

焼肉だけではなさそうな深淵な喜楽

島内、島外問わず、人気であるらしい、焼肉 喜楽は繁華街の通りから一本裏の小道に入ったところにある。平常時には、予約が必須である様であるが、値段は島外の人向けである様にも思われた。店内は畳の小上がり席がほとんどで、一部で椅子席もある。コンロはガス式で排煙機構は換気扇のみであった。

f:id:limken21:20200804095629j:plain

牛の頭のイラストと五島牛の文字にホウホウと吸い込まれる

焼肉というと、大体、キムチかナムルあたりを頼んでみて、その店の方向性を探る。韓国式の焼肉屋なのか、どうかというのは、大抵朝鮮漬けの様なキムチか、乳酸発酵をきたしたキムチかで探る様にしている。喜楽でのキムチは乳酸発酵している酸味と甘味もあるキムチであり、おかみさんが自分で漬け込んでいるとのことだった。こういうキムチは焼いても温めても美味しいのである。ビビンバもスープも美味しそうであった。

f:id:limken21:20200804095607j:plain

少し表面がしんなりとするキムチ 

夕方も遅い時間の入店であったので、カルビとロース(ヒレとも記載があった)のみとした。ヒレは紅桃色で、細かい刺しがきれいに入っているものであった。カルビも赤身と脂身の混じりがきれいで、また不揃いな切り口である方が、火の通りによる風味の違いまで楽しめる。一枚ずつ音を聴きながら丹念に焼いていくだけである。無心になって、味わい、香りをかぎ、焼き加減を調整しているのが一人での焼肉の醍醐味である。

f:id:limken21:20200804100038j:plain

カルビとロース

肉にはもともと少しくほのかにタレを和えてある。つけダレの方も甘めの仕上がりであった。五島出身の人だと青胡椒(青唐辛子)をとかおっしゃる方もいそうである。

f:id:limken21:20200804095555j:plain

火の通りを様々に調整しながら

f:id:limken21:20200804095617j:plain

たまに焼き色をつけてみて 薄いピンクで中までしっかり火が通らない様に

店情報

五島で五島牛。 夢にまでみた組み合わせができる焼肉 喜楽。たまに覗きに来てくれる、おばちゃんのフランクさがなんとも良い思い出でもある。

  •  長崎県五島市栄町5−3
  • 0959722232
  • 支払い:現金のみ
  • 営業時間:17:30ー21:30(LO)

プライバシーポリシー